新着記事

ワーキングママのみなさんへ

ワーキングママのみなさんへ子育てをしながら働く女性に優しい制度として時短勤務があります。働く時間を短くして子育てと家事も優先できるのが時短勤務です。ですが、自分にその働き方が合っているかどうか良く考えるべきです。このサイトは、時短勤務のメリット・デメリットを紹介しています。お問い合わせは<コチラ>からお願いいたします。

共働き世帯の悩みを解消してくれる

共働き世帯の悩みを解消してくれる

時短勤務とは

時短勤務とは、今までフルタイムで勤務していた人が出産して子育てをする際に利用できる制度です。法が定めるものと企業独自で設けるものがあり、子供が幼かったり、以前と同じようにフルタイム勤務が難しくなったりする場合に勤務時間を短縮して働く事ができます。時短勤務を利用すると定時前に仕事をあがる事ができますので、子育てと家事をこなしながら仕事をする事が可能となります。

利用するには条件が必要

意外と知らない人が多いのが時短勤務制度です。法で定めている時短勤務制度はどの企業も設けており、男女限らず利用する事ができて、3歳に満たない子供を育てている事が条件となります。企業独自で設けている時短勤務は、その企業によって条件に大きな差があるようです。3歳未満の子供の為の時短勤務を認める企業から、小学校就業まで、小学校卒業までとかなり幅があります。ですので、今後出産予定がある人や出産後再就職を考えている人は時短勤務の条件を確認しておくと良いでしょう。また、自分に合った時短勤務条件で転職を考えるのも良いと思います。

時短勤務のメリット

時短勤務のメリットを一番感じられるのは、育児と仕事を両立させやすい部分です。フルタイム勤務なら定時が18時としても、毎日子供のお迎え時間を気にしながら仕事をしなければいけませんし、帰宅してからも子供の就寝時間までバタバタと家事や子供の世話をこなしていかなければなりません。ようやく落ち着いた頃には就寝時間になってしまい、自分の時間がありません。しかし、時短勤務で16時位に仕事が終われば時間に余裕が生まれ、子供に向き合う時間が増やせたり、家事をこなす時間や自分の時間を増やしたりもできます。約2時間位とはいえ大きな余裕時間となる事は間違いありません。仕事面でも、女性は出産によって諦めがちだったキャリア継続を時短勤務で実現できる点もメリットと言えます。

時短勤務のデメリット

時短勤務のデメリットは、思い切り仕事ができない部分になると思います。確かにキャリア継続はできても、時短勤務の間は仕事にかける時間が少なくなりますし、自分が中心となって進めたい仕事があっても時間の問題で諦めざるを得ない時もあります。また、勤務時間が短くなる事で収入も少なくなる可能性もあります。国が定めた「改正育児・介護休業法」では、時短勤務については定めていますが、縮小した勤務時間の給与保障は定めがありません。ですので、時短勤務をする場合は給与がフルタイム勤務より減る事を頭に入れておかなければいけません。ただ、時短勤務からフルタイム勤務に変更したい場合は柔軟に対応してくれる企業も多いので、いったん時短勤務を利用してみて収入面が合わなかったら元に戻すのも選択肢のひとつになります。

ワーキングママ必見!

ページの先頭へ